​新型コロナウイルス【Covid19】その他の呼吸器疾患の使用例について

​概略

スパイアは、呼吸器疾患の遠隔患者モニタリングの先駆的存在です。臨床的に証明されたプラットフォームは、すでに肺疾患の治療や救命救急医療の分野で広く展開しています。新型コロナウイルス【Covid19】感染者、またはそのリスクのある個人の疾患の進行を遠隔モニタリングするために使用できます。これにより、過負荷になる可能性のある、入院患者を受け入れる病院の負担が軽減され、リスクの高い人とのやり取りが減り、状況が改善されます。大規模なオーバーシュート抑制効果が期待できます。

​要約

リモート患者モニタリング(リサーチプラットフォーム)は、新型コロナウイルス【Covid19】を対処する上で、重要な役割を果たします。これにより、最もケアが必要な患者を特定し、その他の患者は自宅待機でウイルスを拡散させないよう、モニタリングすることができます。

 


 

スパイアの呼吸センサーは、新型コロナウイルス【Covid19】感染者の特定と、その患者を遠隔モニターするのに最適です。

・呼吸数を継続的にモニタリングできる最先端の呼吸センサーが組み込まれている。(呼吸数は、WHOが新型コロナウイルの悪化に関連する重要なマーカーであると指摘)

・新型コロナウイルス感染のリスクが特に高い、高齢患者の間でも、

医師の指示通り使うことができる確率が非常に高いと証明されている。

・メールと電話だけでセットアップをした前例も多く、患者が来院する必要がない。

・患者側のセットアップから臨床モニタリング、患者とのコミュニケーションまで、完全なエンド・ツー・エンド・ソリューションの提供が可能。

・オーバーシュートになる前に対処することが可能になる。

スパイア・リサーチプラットフォームとは

広範囲の生理学的測定基準(呼吸数、脈拍数、運動量など)を測定し、各患者の基準値のプロファイルを作成し、患者の測定値が基準値から大幅に悪化した場合に通知をします。通知は、患者の測定値が変化した時に医療専門家に送信され、患者の状態と病院における診療の必要性を判断するためのコミュニケーションが可能になります。
 

スパイアヘルスタグは、COPD(慢性閉塞性肺疾患)患者を治療する呼吸器専門医の間ですでに広く使用されており、米国生物医学先端研究開発局(BARDA)では、症状が出る前にインフルエンザの人を特定する研究に使用されています。
 

スパイアヘルスリサーチプラットフォームの詳細とスパイアヘルスタグの購入については、当社チームにお問い合わせください。

株式会社プロジェクト・ルネサンスはSpirehealthの公式パートナーとして運営しています。

​情報セキュリティ基本方針